title

消印のある切手も切手買取店なら買取可能の可能性も

切手買取売りに出すときには、切手の保管状態にも注意をすることです。とにかく買い取ってくれるのはうれしいですから、早く切手買取業者に出そうとしますが、査定では切手の状態もチェックをしてみます。切手を専門で取り扱う買取業者は割と寛大ですが、切手を一般のリサイクルショップだとか、金券ショップへ持ち込むなら、切手が欠けていたり破れていたらアウトです。せっかく切手を持って売りに行ったのに、店頭査定で買取不可になってしまったら、気分はそれこそがっかりしてしまいます。ただ切手に特化した専門店であれば、ある程度の融通は効くので、買取してもらえるのかわからない切手は、専門店への持ち込みにすることです。専門店の寛大なところは、消印のある切手も買取可能という点であり、リサイクルショップなどでは期待できないことでもあります。もちろん使用済みの切手に関しても価値ある切手は迷うことなく買取をしてくれますが、消印の日付によって封筒ごと全てに価値を見出す査定も期待できることです。素人ではその価値の判断はわからないですから、価値がありそうと感じたら切手買取専門店へ相談をするようにします。